トイプードルってどんな犬?

トイプードルってどんな犬?

トイプードル.com >> トイプードルってどんな犬?

トイプードルってどんな犬?
1.トイプードルの魅力
トイプードルは、テディベアカットのかわいさから現在人気急上昇中の犬種です。
最近では浅田真央ちゃんがエアロちゃんと一緒に踊ったことでも話題になりましたよね♪
ただ、プードルはかわいいからだけで人気が出たわけではないんです。
トイプードルの魅力は他の小型犬にはない、その実用性にもあると言われています。

1. 小型犬の中でも小さい部類で、飼う上でスペースをそれほど必要としない。
2. シングルコートのため、毛がほとんど抜けなく、においも少ない。
3. 非常に頭が良く(全犬種で2番目に頭がいい)、しつけをしやすい。
4. 無駄吠えが少なく、マンションでも飼いやすい。
5. それほど運動量を必要としないため、毎日のお散歩は強制ではない。
6. 毛が抜けないため、アレルギーの人でもプードルだと反応の出ないケースも多い。
7. 豊富なカラーで、好みの色も見つけやすい。
8. 動かないと、まるでお人形さん!?ってくらいかわいらしい!
9. カットしだいでまるで別の犬のように変身できる。テディベアにだってなれちゃう。

まだまだ魅力をあげれば、つきないですね。
ただただ、かわいいだけで人気が出ているのではないということがお分かりいただけましたでしょうか。
ワンちゃんを初めての飼われる方にも、自信を持っておすすめできる犬種です。

2.トイプードルの歴史
プードルの歴史は古く、紀元前30年ごろのローマ皇帝の記念碑に
プードルの彫刻が残されています。

現在ではプードルはドイツ生まれという説が有力で、
語源はドイツ語の「プーデル(水を跳ねる)」からきているといわれています。
もともとは、水鳥猟で獲物を回収する水猟犬だったのです。
ショーなどでおなじみのプードル独特の刈り込みは、
この水猟犬だった頃に始まったといわれています。

水中で活動しやすくするため、心臓など保護すべき部分の毛を残して
刈り込み、動きやすくした、実用性に富んだカットだといえます。

トイプードル
↑ケイヒンミモトさん ロケットくん
トイプードル 子犬
その後、16世紀に入りフランスの貴婦人たちの間で気品のあるプードルは大流行しました。
それにとともない愛玩性が追及され小型化の改良が進められました。
そこで、作り出されたのが小型化したミニチュアプードルです。
18世紀に入ると、さらに小型化が進み、トイプードルが誕生しました。

最近ではトイプードルの毛を刈り込まないテディベアカットが流行で、
そのぬいぐるみのようなかわいらしさでますます人気が上昇しております。

3.トイプードルの特徴
●大きさ、体重
JKCにおける区分
・トイプードル 体高約28cm以下(26cmが望ましい) 体重標準3kg〜4kg
・ミニチュアプードル 体高約28cm〜38cm
・ミディアムプードル 体高38cm〜45cm
・スタンダードプードル 体高45cm〜60cm

AKCにおける区分
・トイプードル 体高10インチ(25.5cm)以下
・ミニチュアプードル 体高10〜15インチ(25.5cm〜38cm)
・スタンダードプードル 体高15インチ(38cm)以上

※公式には認められていない大きさとしてティーカップサイズとタイニーサイズがある。

●トイプードルのスタンダード(ドッグショーなどで標準とされるトイプードル本来の姿かたち)
ボディ:肩は傾斜して背は短く水平。腰は幅広くお尻に丸みがあり、お腹が引き締まっています。
頭部:ほど良い丸みがあり、頭と鼻先の長さがほぼ同じです。
目:適度に離れていて、アーモンド形をしています。
鼻:鼻孔(鼻の穴)がはっきりわかる大きさで、黒またはレバー色。
歯:切歯がはさみのようにかみあうシザーバイト。
耳:目尻と水平、またはやや低い位置。飾り毛に覆われ、ほほのうしろよりに沿うようにたれています。
被毛:毛質は固めで豊富。巻き毛、縄状毛が密生しています。
四肢:前足はひじからまっすぐ伸びている。後ろ足は筋肉が発達し、かかとが低い位置にあります。
尾:根元が太く、高い位置にまっすぐについています。生まれたときにバランスの良い長さに断尾されます。

●トイプードルの豊富な毛色(カラーコート)
トイプードルはさまざまな被毛のカラーがあり、全身が一色であるのが理想とされています。
基本カラーはブラック・ホワイト・ブラウン系でその濃淡のカラーが基本となっています。

JKCの公認カラーは現在14色!
基本となる毛色は、ブラック、ホワイト、ブラウンの3色からなり、その他
レッド、アプリコット、シルバー、ベージュ、シルバーベージュ、シャンパン、
カフェオレ、クリーム、ブルー、グレー、シルバーグレーがあります。

JKC公認の毛色以外では、次のものがあります。
・ファウルカラー(ミスカラー) 胸、あご、足先に良く出るホワイト系のワンポイント
・パーティーカラー アメリカやヨーロッパで人気の2色以上のカラー
JKCはまだ単色基本のため、認定はしていませんが、
血統書にその色をミスカラーの位置付けとして色の前部に★マーク付で記載するようになりました。
(たとえばアメリカで人気急上昇中の牛模様パーティーカラーは『★ホワイト&ブラック』となる)

※レッド・アプリコット・ブラウン等の中間色は、成長とともに色が薄くなることが多いです。

レッド アプリコット ブラウン
●レッド
赤みのある明るいブラウン系。人気のテディベアカットにぴったりのカラー。現在一番人気のカラー。
●アプリコット
淡くやさしい色合いで人気急上昇のカラー。さらに薄くなるとクリームと呼ばれる。
●ブラウン
褐色、または茶褐色の落ち着いたカラー。お鼻もレバー色で茶色いのが特徴。カフェオレもブラウンの一種。
ブラック ホワイト
●ブラック
プードルの基本カラーで目、鼻、爪など全身が黒。皮膚はわずかに青みがかっている。
○ホワイト
気品が感じられるプードルの基本カラー。カラーリングを楽しみたい人に大人気。耳を黒く染めるとスヌーピー!?
●シルバー
子犬のときは黒に近く(口周りの根元の色で判断可能)、成長とともに淡いシルバーになっていく。
●トイプードルのカット
トイプードルは毛量も多く、カットしだいで本当に別の犬のようになります。
プードルのカット方法はクリッパー(バリカン)で毛を刈ることから“クリップ”と呼ばれています。
水猟犬として活躍していた頃、水中で作業がしやすいよう、あみ出されたスタイルが、
その後、洗練されたショークリップに発展していきました。
最近ではムクムクカットのテディベアカットが流行しています。

◎代表的なクリップ
コンチネンタル・クリップ:後躯を刈り上げた、ショーで人気の軽快なクリップ
イングリッシュ・サドル・クリップ:猟犬時代のスタイルを残すゴージャスなクリップ
サマー・マイアミ・クリップ:足の下部と尾先意外を極端に短く刈り込むクリップ
テディベアカット:動かないとまるでお人形!?ティディベアのような、ムクムクのカワイイカット

4.トイプードルを育てるのにベストな環境
トイプードルの運動能力は非常に高く、公園でフリスビーなどの遊びもそつなくこなします。
ただし、思いっきり運動させるのが、体が出来上がる生後6ヶ月くらいまでは控えてくださいね。

小型犬ですので運動量的には、室内や庭先だけの運動だけでも十分です。
(毎日、必ずお散歩に連れて行かなければならないということはないです)
ただし、性格的には社交的な犬種ですので、とにかくお散歩は大好きです!
お時間があるときはできれば1日1回は外に連れ出して、周辺を散歩させたり、
安全な場所で自由に運動させてあげてくださいね。

庭に出しての運動は大丈夫ですが、屋外で飼える犬種ではありませんので、
必ず室内での飼育をしてください。

トイプードルの特徴は何と言っても、その豊かな巻き毛です。
入念な手入れが必要な犬種ですが、それが楽しみでもあります。
手入れをおこたると、毛玉ができてかわいそうですので、毎日のブラッシングと、
月1のトリミングには必ず連れて行ってあげてくださいね。
(巻き毛で、自分でカットしてもそれほど変にならないため、トライされる方も多いです)

5.トイプードルの性格・性質としつけ方法
トイプードルはその運動能力もすばらしいですが、なによりすごいのはその頭の良さです。
全犬種中でボーダーコリーに続き、2番目に知能指数が高いといわれており、サーカスでも大活躍中です。
そのため、しつけも通りやすく、はじめてワンちゃんを飼われる方にもおすすめできます。
もちろん、一般家庭でも、がんばれば特殊な芸も覚えさせることも可能ですよ。

性格的にも非常に温厚で、フレンドリーな性格で、どの家庭でも飼いやすい性格だといえます。
ただし利口な分だけいたずらも好きな面もあるので、その点には注意が必要です。
決して甘やかすことなくきちっとしつけましょう。

・小型犬のため、飼ううえでそれほど広い場所を必要としない。
・シングルコートで毛も抜けにくく、匂いも少ない。
 (犬アレルギーの人でもプードルだと反応の出ないケースも多いです)
・頭が良く、非常にしつけが通りやすい。初めての方にもおすすめ。
・無駄吠えも少なく、運動量も少なくてすみ、マンションでも飼育可能


以上、これだけ日本の住宅事情にマッチした犬はなかなか見つからないですよね。
JKC登録数で2006年現在第3位。今後も定番の地位は続くことでしょう。

6.トイプードルの適切なケア方法
トイプードルはシングルコートで抜け毛は少ないのが大きなメリットですが、デメリットでもあります。
というのは毛が抜けないということは、人間の髪の毛のように際限なく伸びるということだからです。
プードルは巻き毛ですので、放っておくとすぐに毛玉ができ、ほどけなくなってしまいます。
ですので、しっかりしたブラッシングとカットでまめにお手入れしてあげることが必要になるのです。

◎ブラッシング
体全体を「スリッカー」でブラッシングして抜けそうな毛を取り除きます。
ブラシで絡まった毛をすこしずつほぐして毛玉や絡みをといてあげます。

ブラッシングで気をつけることは、あまり力を入れすぎないようにすることです。
スリッカーの先端は針金状になっているので、皮膚を傷つけてしまうことがあります。

顔や喉、内股あたりは比較的に毛が薄いので、丁寧にブラッシングをしましょう。

◎耳そうじ
トイプードルはたれ耳で、また、耳の中に毛が密集して生えているので、ムレがちです。
耳からにおいがすることが良くありますが、掃除をしてあげれば解消できます。
週に1回は、綿棒で掃除をしてあげましょう。

トリミングの際には耳の毛も抜いてもらえるよう、頼んでおきましょう。
自分で抜くときは、ゆっくりではなく、一気に引っ張って抜いてしまうのがコツです。

◎目の手入れ
目の回りの毛が伸び始めると、よく目やにがつきやすくなってしまいます。
特に、ホワイトやクリームなどの淡い毛色の場合には涙やけが目立ってきますので、
涙と目ヤニはほっとかずに拭いてあげましょう。


トイプードル.com >> トイプードルってどんな犬?
このページのトップに戻る

 トイプードルの子犬をお探しの方は↓↓からお選びください。

 ■全数検索     最新トイプードル子犬出産情報一覧

 ■毛色別検索   レッド  アプリコット  ブラウン  ブラック  ホワイト  シルバー  クリーム

 ■性別検索     男の子   女の子




Copyright(c)2005-2007 トイプードル.com All rights reserved.
No reproduction or republication Without Written permission